11/16号 インデックス

 

ホームページサンプル株式会社のサイトです

天候に恵まれにぎわう 中野えびす講

中野えびす講は10、11日の2日間、中心市街地を会場に開かれ、多彩な催しが繰り広げられた。両日とも天候に恵まれ、家族連れなどでにぎわい、お菓子や福引きの小判などを振りまく「百人えびす大行進」の大盤振る舞いには、大勢詰めかけ大盛況だった。

王日神社の社宝を公開

中野市東町区と王日神社氏子総代(丸山富雄氏子総代長)は10、11日の中野えびす講に合わせ、山ノ内町出身の南画家・児玉果亭(1841〜1913)が描いた社宝の大作を東町区民会館に公開し、多くの人たちが鑑覧に訪れた。

中野市庁舎前に「秋映」植樹

中野市役所南側敷地に、中野市農協から市の木「りんご」が寄贈され、12日に記念植樹が行われた。

冬にそなえてよしず張り

下高井農林高校グリーンデザイン科2年生28人と県北信建設事務所職員20人は14日、冬の風物詩となっているよしず張り作業を飯山市中央橋で協働で実施した。