2/15号 インデックス

 

ホームページサンプル株式会社のサイトです

いいやま雪まつり 新企画も

雪国ならではのイベント、第37回いいやま雪まつりが9、10日、市城北グラウンドをメーン会場に開催された。当日は降雪があったものの市内外や外国人観光客も訪れ、にぎわいを見せた。
今年は石の彫刻家で国際雪像コンテストで優勝している松村晃泰さんらのチームが飯山の山や川、和紙を表現した大型雪像「飯山アドベンチャー」のほか、雪像9作品が並んだ。飯山アドベンチャーは「見て触れて遊べる」をコンセプトに雪の中に入れたり、滑り台を楽しめたりできるため、来場者を楽しませた。

高校生らが雪かきボランティア

中野市社会福祉協議会はこのほど、地域ボランティア実践塾の一環で、高校生や大学生、一般に参加を呼びかけ、1泊2日の日程で雪かきボランティアと避難所体験会を開催した。

ハーモニカと語り楽しむ 中野シニア大学

中野市シニア大学は21日、ラジオパーソナリティーの武田徹さんと夫人の素芳さんを迎えて本年度の最終講座を中央公民館で開催。2人は「熟年ダンディズム」と題し、ハーモニカと語りで受講者を楽しませた。

信濃GS 合同自主トレスタート

ルートインBCリーグの信濃グランセローズは11日、中野市栗林の市屋内運動場で合同自主トレを開始し、リーグ制覇に向けて体力づくりをスタートさせた。