《ギャラリー和合会館》

 山ノ内町沓野、横湯川に架かる和合橋の近くに、川を見下ろすように建つ「和合会館」は、志賀高原の山々を所有する財団法人和合会が管理、運営している。

 昭和41年に建設され、1995年に改装した際、2階にギャラリーとライブラリーが新たに設けられた。ほかに会議室と、3階には結婚式などが行われる多目的ホールがある。

 ギャラリーは、会の財産である約4500点の美術品を町の活性化に生かし、広く一般の人に楽しんでもらおうと、年に4〜5回ユニークなテーマを設けて、企画展を開催している。

 同町にゆかりのある作家や風俗に関する所蔵品が中心。児玉果亭、竹久夢二、葛飾北斎らの作品は約300点、ほかにも江戸〜明治時代の七夕版画や渋温泉を含む珍しい温泉地版画などは、全国でも屈指の数を所有する。異色のものとして映画のパンフレットやポスター、オリンピック関連のグッズ、ローマングラスなどがあり、こちらも人々の目を楽しませている。

 また、林芙美子や与謝野晶子といった、同町に縁の深い作家の初版本、約500冊をはじめ、興味深い自筆原稿、書簡、美術書なども展示している。

 併設されたライブラリーは自由に閲覧でき、文学や芸術など多くの一般書籍と、入会権に関する文献など貴重な史料も集められている。地元はもちろん周辺の宿泊客にも利用されている。

<入館案内>

  • 開館時間…9:00〜17:00、9:00〜12:00(土曜日)
  • 入館料…無料
  • 休館日…土曜日午後、日曜日、祝日
  • 問い合わせ…和合会館
    山ノ内町平穏1173
    TEL0269-33-2597
    FAX0269-33-0129