木島平の自然守る

アレチウリ駆除

北信州ネット

河川敷や荒廃農地など年々生育範囲を広げている特定外来生物「アレチウリ」について学び、駆除活動を実施する取り組みが31日、木島平村で開かれた。豊かな環境づくり北信地域会議(事務局・北信地域振興局環境課)が主催し、県と市町村の職員15人が参加。下高井農林高校の中村泰久教諭からアレチウリと木島平村の植生などについて話を聞き、同校2年グリーンデザイン科生徒23人と樽川の堤防に繁茂したアレチウリを駆除した。

★紙面掲載記事の一部分です。詳細は紙面にてお楽しみ下さい★