バレンタイン一揆

中野西高校

北信州ネット

中野西高校で14日、フェアトレード・チョコレートを購入して児童労働に苦しむガーナの子どもたちを救う「バレンタイン一揆」が実施された。
同校の1・2年生約480人は、1月後半に映画「バレンタイン一揆」を鑑賞。映画は教育を受けられずに働かされる児童労働の実態、カカオ生産地の子どもや農家を豊かにするためにも適正な価格で買い取り、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みのフェアトレードが紹介されている。

★紙面掲載記事の一部分です。詳細は紙面にてお楽しみ下さい★